2017-01-10

MBS「Catch!!」放送のお知らせ

catch

年明け早々一つ嬉しいお知らせで、MBSで1月15日(日)夜22時19分から放送される「Catch!!」という番組でZINE作家としてご紹介いただけることになりました。

がん闘病後からはじめた「掌の記憶」という小さな本づくりについて、取材や製本の様子などを撮影いただきました。

無骨な手…繊細な手…大きな手…優しい手…人の顔がそれぞれ違うように、手もそれぞれ違います。
手には、その人の職業や人柄、生きざますべてが現れています。その手でモノを作り出し、未来を描き、また夢を掴もうとしているアスリート、職人、アーティスト、クリエイターたち。そんな彼らの情熱やひたむきさ魅力を伝えます。
(「Catch!!」公式サイトより)

以前『掌の記憶』-芦屋-をお贈りしたお菓子作家のイトウユカさん、造形作家の馬場謙二さんが先にこの番組の取材を受けたことがきっかけで「“手”を大切にしている作家といえば藤田さん!」という流れで私も取材いただくことになりました。

“手”というのは、私のこだわりそのもので。自分の手で一冊ずつ綴じること、人の掌から掌へと手渡される中で生まれる人同士がつながりを大切に本づくりを続けているだけに、本当に嬉しいです。

思い返すと、昨年の夏に朝日新聞さんに取材いただけたのも「掌の記憶」をご存知だった方からのご紹介で。まわりの方々がつないでくださって、こうやってメディアでもご紹介いただけているということ、本当にありがたいなと思います。

ご紹介くださったユカさん、馬場さん。そして撮影場所として展示後に場所を貸してくださったベランダ長屋さん、取材風景の撮影にご協力くださった手織り作家の渡邉航一郎さん。そして取り上げてくださった番組スタッフの皆さん、本当にありがとうございます。

撮影時が病み上がりで、声もかすれてほとんど出ていませんが……私自身取材や製本中の姿をみるのは初めてなので少しドキドキしています。放送日は2017年1月15日夜22時19分から。(※普段は21時54分からなのですが、この日は新しいドラマの初回らしく、放送時間が変わります)放送後はしばらくWebサイトでもご覧いただけます。

MBS「Catch!!」公式サイト

※この取材時に見本として綴じているのは『掌の記憶』-牧浜-で、この時綴じたものは伊丹市立図書館ことば蔵にあるZINEの本棚に寄贈しています。機会があればぜひ手にとってご覧ください。

catch05

tenohira-web2

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
michi-siruve (みちしるべ)

ZINE作家。“記憶”を小さな本に綴じています。「掌の記憶」豆本詩集『汀の虹』など。>>詳しくはこちら

Exhibition

2017  ZINE DAY OSAKA(10/28,29)、zine it! vol.8 (11/23)
2018 『汀の虹』展示 @blackbird books (1/16-28)
※ZINEワークショップ講師 @青空ハウス(11/11)

関連記事