2016-02-16

ZINE『音川帖』

otogawacho04

『音川帖』(2016)

富山県の中ほどにある、のどかな里山が広がる友人のふるさと音川。「ふるさと」というあたたかな響きに憧れていた私が、友人の帰省に同行した旅で出会った、音川の自然とそこに暮らす人々の記憶を綴じました。

data
100mm×100mm/蛇腹製本
オールカラー 42ページ
2016年1月17日発行
写真・編集 藤田理代 (michi-siruve)

*巻末付録  『掌の記憶』-音川-(「掌」-tenohira- / 「記憶」-kioku- 2冊組)

Exhibition
「わたしノマチオモイ帖」2016年 大阪展
クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町(大阪)

otogawacho03

otogawacho02

otogawacho01

michi-siruve (みちしるべ)
“記憶”を綴じるZINE作家。「掌の記憶」を綴じながら、日本のまちを巡っています。>>詳しくはこちら
関連記事