2014-12-12

ちょっと昔の暮らしのオトモ展

omote

ちょうど今日から1ヶ月後、2015年1月12日~21日までZINE『otomo.』を軸にした企画展「ちょっと昔の暮らしのオトモ展」を開催します。

この企画展は、祖母の遺品を撮影してZINEをつくったZINE作家の私michi-siruveと、おばあさまの暮らしていた古民家を改装してギャラリーカフェを営む逆瀬川のGALLERY+CAFE muguetのオーナー吉野友佳子さん、二人の“孫娘”の出会いから生まれたものです。ZINE『otomo.』をみてくださっていた吉野さんから展示のお声がけをいただいたのがきっかけでした。

今回の主役は“私の展示”というようなものではなく、michi-siruveとmuguetさん所縁の暮らしの品から生まれた作品やそこに宿る記憶や想い、そして来場してくださる皆さまです。展示やイベントをとおして、来てくださった皆さんの記憶や想いも共有できるような場になるといいなと願い準備をすすめています。今回は展示に限らず、暮らしの品をお譲りする蚤の市やガラスペンで想いを綴る体験などのイベントも行う予定です。詳しい内容は下記特設サイトとFacebookページでお知らせしていく予定ですので、ぜひこちらも覗いてみてくださいね。この企画展があたらしい出会いや何かが生まれるきっかけになるといいなとたのしみにしています。どうぞよろしくお願いいたします。

■特設サイト
ちょっと昔の暮らしのオトモ展
■facebookイベントページ
ちょっと昔の暮らしのオトモ展(facebook)

■開催期間
2015年1月12日(月)~1月21日(水)まで
OPEN/11:00→18:00 (水曜日のみ16:00まで) 定休日/木・金曜日
■開催場所
GALLERY+CAFE muguet(ミュゲ)
〒665-0035兵庫県宝塚市逆瀬川1丁目8-5
阪急逆瀬川駅より徒歩3分
■入場料
無料
※とても人気のお店なので、特にお昼時のカフェは事前のご予約をおススメします。(muguetさん 0797-80-7993)
■詳細
祖母の古民家でGALLERY+CAFEを営むオーナーと、祖母の遺品で本をつくったZINE作家。2人の孫娘の出会いから、ひとつの展示が生まれました。

2015年1月、逆瀬川の築80年の古民家を改装したGALLERY+CAFE muguetに昔懐かしい古道具があつまります。「昭和以前の暮らしの品」をテーマに、ZINE作家michi-siruveが祖母の遺品を撮影した作品と、祖母の手回し蓄音機など懐かしい古道具を展示。muguetの軌跡を辿った展示やお譲りしたいアンティーク食器などの販売も行います。古民家に集う暮らしの品々に皆さんの記憶や家族との思い出も重ねながら、ちょっぴりあたたかいひとときをお過ごしください。

muguet

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
michi-siruve (みちしるべ)

ZINE作家。“記憶”を小さな本に綴じています。「掌の記憶」豆本詩集『汀の虹』など。>>詳しくはこちら

Exhibition

2017  三条富小路書店(12/5-17)
2018 『汀の虹』展示 @blackbird books (1/16-28)

タグ:
関連記事