2015-02-28

Photoback Award 2014展 開催

kazokunokotoba

ZINE『かぞくのことば』が「Photoback Award 2014展」で全国を巡ります。
初めて応募したZINE『hakanadamaのつくりかた』がノミネート作品に選ばれたのが2年前。昨年の『母のまなざし』に続いて3作目となります。毎年Photoback Award展に連れられてZINEが全国を巡り、うれしい限りです。

今回のテーマは「わたしのかぞく」。ノミネートされた『かぞくのことば』は、昨年癌闘病から寛解にこぎつけた際に、闘病を支えてくれた家族のことばを集めて贈ったZINEです。ぐったりと横たわるだけの日々を支えてくれた、携帯に送られてくるかぞくのことばから、人となりや絆を浮かび上がらせること。そしてメモリの奥に沈み消えてしまうことばたちを、写真に撮ることで本にのこすという試みでもあり、前作『母のまなざし』その後の家族の話でもあります。

とても個人的で小さな作品ですが、この展示をきっかけにたくさんの方に手にとっていただけるとうれしいです。

 

 『Photoback Award 2014展』スケジュール
3/ 3(火)~3/15(日) solaris(大阪・心斎橋)
3/27(金)~4/8(水) フォトカノン (東京・戸越銀座)
4/16(木)~4/29(水) SEANT (名古屋・栄)

michi-siruve (みちしるべ)
“記憶”を綴じるZINE作家。「掌の記憶」を綴じながら、日本のまちを巡っています。>>詳しくはこちら
関連記事