2015-12-19

「掌」のわけ

photo-label02

「掌」のわけ

綴じてのこしたいものは「記憶」でも、一体どんな記憶だろう?

まだ「掌の記憶」ができる前、そんな小さな問いを抱えながらこの活動の名前を探していた頃にふっとある曲を聴いて、昔撮った、大切にしていた時計を眺める祖母の掌を撮った写真を思い出しました。

食べるもの、着るもの、できる範囲の手づくりで、暮らしの品を大切に使い込んでいた祖母の暮らしは控え目であたたかくて。その暮らしの品に宿る思い出を聴きながら、祖母の人生や日本の歴史に触れる時間が大好きでした。

「てのひら」「たなごころ」と読み、「手にもつ」「つかさどる」という意味も持つ「掌」という文字。これからもそんな記憶を集めていきたくて、掌に触れるもの、掌が語るもの、そこに宿る作り手と使い手の記憶を手づくりの本に綴じようと「掌の記憶」が生まれました。

掌から掌へ。掌にすっぽりおさまる記憶の欠片が手にとった人の心になにか触れ、記憶の呼び水になるような本を贈りたい。そんな「掌」のわけとはじまりの写真も添えて、ここに記しておきます。

michi-siruve (みちしるべ)
“記憶”を綴じるZINE作家。「掌の記憶」を綴じながら、日本のまちを巡っています。>>詳しくはこちら
関連記事