2016-10-02

『母のまなざし』をつくろう @ベランダ長屋

0828zinews3

※2015年夏のワークショップより

『母のまなざし』をつくろう @ベランダ長屋

お家に眠っている家族写真をあなたの手で1冊の本にして、誰かに贈りませんか?必要なものは、家族の“まなざし”を感じるあなたの成長をおさめた思い出の写真20枚と、その写真を眺めて心に浮かぶ言葉だけ。

今回は兵庫県伊丹市のベランダ長屋さん主催で、ご自身の成長の記憶をおさめた写真でつくる和綴じZINE『母のまなざし』のワークショップをひらきます。綴じ終わったあとにはZINEを交換して読んだり、できたZINEをプレゼントしたり。“記憶”を綴じる本をつくり、共有するひと時をおたのしみください。

>>2015年夏のワークショップ(青空事務所主催)の様子。
>>2015年秋のワークショップ(青空事務所主催)の様子。

開催概要
■日 時 2016年11月28日(月) 9:30~12:30
■場 所 ベランダ長屋 1F(兵庫県伊丹市伊丹1丁目13-20)
■講    師    michi-siruve(ZINE作家)
■参加費 1,500円
※要予約(先着6名)
■持ち物 写真20枚程度、写真に添えることば、はさみ、筆記用具、飲み物など
※生まれた頃から大きくなるまでに、ご家族があなたを撮影した写真。
※デジタルカメラの画像はL判サイズにプリントしてお持ちだくさい。
※母のまなざしとありますが、父のまなざしや祖父母のまなざしでもお写真に合わせておつくりください。
※必要に応じてお飲み物などお持ち込みください。

■主 催 ベランダ長屋(みつづみ書房:三皷、鹿鳴舎:鹿嶋)
■申し込み
①主催者か講師に直接お申し込み
②facebookイベントページよりお申し込み (参加ボタン)

0828zinews5

ZINEとは?
ZINE(ジン)は自分の手で自由に制作する小冊子のことです。日本でもアートブックフェア出の展示販売や書店さんでも販売されるなどして親しまれています。

ZINEづくりの流れ
ハガキサイズの和綴じZINEをつくります。

①自己紹介・ZINEの紹介
②ZINEの設計図を書く(写真を選び、ページ構成を決めます)
③原稿をつくる(写真を貼り、ことばを添えます)
④印刷する(和紙に印刷します)
⑤綴じる(印刷された和紙を断裁して、束ねて和綴じにします)
⑥みんなで読む (完成したZINEを読みながら、振り返ってみましょう)

講師プロフィール
ZINE作家 藤田理代(michi-siruve)

 

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
michi-siruve (みちしるべ)

ZINE作家。“記憶”を小さな本に綴じています。「掌の記憶」豆本詩集『汀の虹』など。>>詳しくはこちら

Exhibition

2017  zine it! vol.8 (11/23) 三条富小路書店(12/5-17)
2018 『汀の虹』展示 @blackbird books (1/16-28)

関連記事