2016-06-11

『掌の記憶』 – 花小金井 –

tenohira20

『掌の記憶』 – 花小金井 –

春が来るたびに思い出す
空を覆い 目の前を舞う
生まれ故郷 花小金井の桜たち
雨でけぶる一人きりの静寂に
遠い記憶が重なる

掌の記憶
-tenohira no kioku-

 

data
60mm×60mm/蛇腹製本 2冊組(「掌」-tenohira- /「記憶」-kioku-)
オールカラー
2016年6月10日発行
写真・編集 藤田理代 (michi-siruve)
Special Thanks 日常記憶地図

>>写真帖はこちら
>>旅の記憶(花小金井)はこちら

photo-hanakoganei162

関連記事
Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
michi-siruve (みちしるべ)

ZINE作家。“記憶”を小さな本に綴じています。若年性がんの経験から、本づくりを通して人の想いや記憶をつなぐきっかけづくりを続けています。

“大切な記憶”を豆本におさめて贈る「掌の記憶」/花のかたちになる豆本詩集『汀の虹

>>詳しくはこちら

Exhibition

「栞展」- とほん (2/9-3/4)
ZINE DAY TAIWAN」- RETRO印刷台湾 (3/3-4)
Book Lovers」- MOTOYA Book Cafe Gallery (3/4-4/1)
汀の虹」 (2018.11 兵庫県にて予定)

関連記事