2016-04-01

ZINE『ねぼすけねこ』

nebosuke-zine1

『ねぼすけねこ』 

実家の母から気まぐれに届く、白ねこジルくんの居眠り写真。小さなぴんぼけ写真にジルくんの心の台詞を添えて、michi-siruveが本にしました。

>>ZINEをみる

data
90mm×128mm/合紙製本
オールカラー
2016年3月31日発行
写真   ははうえ
文・編集 藤田理代 (michi-siruve)

 

『ねぼすけねこ』 

どうも
ねぼすけねこです

冬はたいてい
おふとんのなかで

夏はとにかく
すずしいところ

ひとりになりたい
ときもあれば

あまえたい
ときもあり

だれもいないと
ふてねして

なんでもいいから
ぴっとりと

あごおきは

たいせつで

ははうえの
ふくらはぎでも

あねうえの
おなかのうえでも

ときどきちょっと
くるしいですが

ふとんのはしでも
たすかります

ぼやっとしている

ぼくですが

これからも
どうぞよろしく

nebosuke-zine2

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
michi-siruve (みちしるべ)

ZINE作家。“記憶”を小さな本に綴じています。「掌の記憶」豆本詩集『汀の虹』など。>>詳しくはこちら

Exhibition

2017  ZINE DAY OSAKA(10/28,29)、zine it! vol.8 (11/23)
2018 『汀の虹』展示 @blackbird books (1/16-28)
※ZINEワークショップ講師 @青空ハウス(11/11)

タグ: ,
関連記事