2015-07-27

ZINEワークショップのお知らせ

20150828ZINEWS

あなたの一冊『母のまなざし』をつくろう。
~ “まなざし”を綴じる、和綴じZINEのワークショップ~

夏休み最後の金曜日。懐かしい写真たちを集めて、1冊のZINEをつくりませんか?必要なものは、家族の“まなざし”を感じるあなたの思い出の写真20枚と、その写真を眺めて心に浮かぶ言葉だけ。いつの間にかどこかに眠ってしまっている写真や記憶が1冊の本に生まれ変わる、とっておきのZINEを一緒につくりましょう。

イベント概要
■日 時 2015年8月28日(金) 9:30~12:00
■場 所 蛍池人権まちづくりセンター 講座室(阪急蛍池駅から徒歩10分)
※施設内にお子様用の無人のプレイルームもございます。
■講 師 michi-siruve(ZINE作家)
■参加費 2,500円
※要予約(先着15名)
■持ち物 写真20枚
※生まれた頃から大きくなるまでに、ご家族があなたを撮影した写真。
※デジカメの画像はL判サイズにプリントしてお持ちだくさい。
※写真以外の材料はすべてこちらでご用意いたします。
■主 催 青空事務所(青空ツアーディレクターなおみ)

申込み方法
青空事務所(info@officeaozora.sakura.ne.jp)まで『氏名(ふりがな)、電話番号』と、ZINEづくりへの質問などがあれば一緒にお送りください。(電話の方は050-3574-4135まで)

ZINEづくりの流れ

今回はハガキサイズの和綴じZINEをつくります。ZINE『otomo.』と同じ形です。

 

①自己紹介・ZINEの紹介
②ZINEの設計図を書く(写真を選び、ページ構成を決めます)
③原稿をつくる(写真を貼り、ことばを添えます)
④印刷する(和紙に印刷します)
⑤綴じる(印刷された和紙を断裁して、束ねて和綴じにします)
⑥みんなで読む (完成したZINEをみんなで読みながら、振り返ってみましょう)

作例『母のまなざし』(サイズや素材は、今回のワークショップのものとは異なります)

講師・主催者プロフィール&メッセージ

講  師 michi-siruve (ZINE作家)
主催者 なおみ(青空ツアーディレクター)

>>なおみとmichi-siruveからのメッセージ

michi-siruve (みちしるべ)
“記憶”を綴じるZINE作家。「掌の記憶」を綴じながら、日本のまちを巡っています。>>詳しくはこちら
関連記事