2019-09-18

「記憶のアトリエ 」in リレー・フォー・ライフ・ジャパン 大阪あさひ

2019年10月19日(土)15:00-18:00まで、大阪府大阪市の旭区民センターで開催される「リレー・フォー・ライフ・ジャパン 大阪あさひ(※)」の会場で、小児がん経験者の北東紗輝ちゃんと一緒に小さな「記憶のアトリエ 」をひらきます。

※リレー・フォー・ライフは、10月19日(土)の14:00~20日(日)14:00まで、24時間開催されます。

紗輝ちゃんとお母さんのインタビュー (ジャパンハートさん)

リレー・フォー・ライフは、 1985年にアメリカで一人の医師がはじめたチャリティ活動。 「がん患者は24時間、がんと向き合っている」という想いを共有し支援するため、トラックを24時間走り続け、アメリカ対がん協会への寄付を募ったそうです。

今は「ともに歩き、 語らうことで生きる勇気と希望を生み出そう」というかたちで、どの会場でも共有している想いや共通のセレモニーがあり、国内外のさまざまな場所で継続して開催されています。

わたし自身、リレー・フォー・ライフに参加するのは初めてなのですが、国立がん研究センターの「患者・市民パネル」に参加するようになって、全国各地のリレー・フォー・ライフの実行委員のみなさんや、各地のリレー・フォー・ライフに参加されているみなさんとの出会いがありました。

開催場所それぞれの歩み、さらには参加者のみなさんの数だけ想いが重なる2日間。患者・家族そして医療や研究に携わるみなさんといった、がんとともに生きるすべての人たちのために。またがんで旅立った大切な人たちをしのんで想いを寄せ合いながら……各地で運営・参加されているみなさんのおはなしをお聴きしていろんなことを感じながら、どんなひとときになるのかなと準備をすすめています。

リレー・フォー・ライフの様子や寄付の行先などの詳しくは、リレー・フォー・ライフ・ジャパン公式ページの「リレー・フォー・ライフとは?」に詳しく綴られていますので、ぜひご覧ください。

20190830kiokunoatelier46

20190830kiokunoatelier47

「あなたの“Journey”を小さな手製本に綴じてみよう」WSで紗輝ちゃんが作ってくれた本 (2019.5.19)

今回紗輝ちゃんが声をかけてくれた「リレー・フォー・ライフ・ジャパン 大阪あさひ」は、紗輝ちゃんが白血病の治療で入院していた頃、同じ病棟でユーイング肉腫の治療で入院していたすずくんのご両親が実行委員をつとめていらっしゃるそうです。

すずくんのことや、リレー・フォー・ライフのことを紗輝ちゃんから聴いたのは、ちょうど1年くらい前、AYA’s Journey JAPAN の楠木先生と丸先生が開催してくださった、AYAカフェで出会った時のことでした。

教わったあとに色々と調べていると、2013年に開催された「リレー・フォー・ライフ・大阪大手前」の記事にも紗輝ちゃんが登場し、すずくんとの記憶が綴られていました。

春頃、カフェで打ち合わせ (ハンカチありがとう!)

黙々と本づくりする紗輝ちゃん  @「記憶のアトリエ」in トコテコ紙芝居小屋 (2019.8.31)

それから紗輝ちゃんが絵の出展をしていた「ホスピタルアート in ギャラリー」を見に行ったり。わたしが講師をつとめたAYA’s Journey JAPAN のピアサポートプログラムに紗輝ちゃんが参加してくれたり。この夏の「記憶のアトリエ」にも遊びに来てくれて、紗輝ちゃんがアトリエのために手描きの絵をたくさんプレゼントしてくれたり。

ささやかな交流が続き、紗輝ちゃんからのお声がけで今回一緒に「記憶のアトリエ」をひらくことになりました。紗輝ちゃんが担当する「AYAブース」にお邪魔して、10月19日(土)、開会式が終わったあとの15:00-18:00までの3時間、掌サイズの豆本を使った本づくりのミニワークショップをひらきます。

一度に座れるのが5人までなので、今回は当日会場での予約制(先着順)で。リレー・フォー・ライフへの寄付が目的なので、参加費として1冊500円、お預かりした全額は寄付するかたちにしたいと思っています。開催時間は…

①15:00~16:00
②16:00~17:00
③17:00~18:00

の3回。1時間で完成!とはいきませんが、何か大切な記憶を持ち運ぶ御守りとして、もしくは今年のリレー・フォー・ライフの記憶を綴る1冊として、できるところまで本づくりをたのしみ、お持ち帰りいただけたらなと思います。

当日定員になってしまったり「当日忙しくてワークショップには参加できないな」という方のために、持ち帰り用の豆本も用意します。

アトリエにある、本を彩るさまざまな素材……紗輝ちゃんの笑顔いっぱいの絵や押し花、シールなども一緒に選んでお持ち帰りいただけますし、普段「記憶のアトリエ」で展示しているがんの記憶を綴じた手製本も少しだけ持っていきます。

20190830kiokunoatelier56

 

紗輝ちゃんのイラストで本づくり  @「記憶のアトリエ」in トコテコ紙芝居小屋 (2019.8.31)

そして「AYAブース」では、紗輝ちゃんの制作したオリジナルの絵はがきやTシャツが販売されていて、隣では紗輝ちゃんのお母さんがひらくハーバリウムのワークショップも。売り上げはもちろん寄付になります。本づくりのミニワークショップは19日のみですが「AYAブース」は20日も紗輝ちゃんが迎えてくれると思います。

何か一緒につくってみたり、語り合ってみたり、一緒に歩いてみたり……AYA世代のみなさんも、AYA世代と関わるみなさんも、リレー・フォー・ライフが初めてというみなさんも、ぜひリレー・フォー・ライフ 大阪あさひへ、そしてAYAへブースへもお立ち寄りいただけたらうれしいです。紗輝ちゃんと一緒にお待ちしています。

※本づくりの移動アトリエ「記憶のアトリエ」は、医療や福祉の専門職の方々と、いろんな町で開催しています。普段ひらいているアトリエの様子はレポートをご覧ください。

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
関連記事
Schedule

Event / Exhibition / WS
11/26「“大切なもの”を見つめるZINEワークショップ」-関西学院大学 人間福祉学部 (兵庫県西宮市)*closed
12/22  ZINEワークショップ (兵庫県宝塚市)*詳細後日

////////////////
記憶のアトリエ
10/19「記憶のアトリエ」inリレー・フォー・ライフ・ジャパン大阪あさひ(大阪府大阪市)
11/9「記憶のアトリエ」in 幸ハウス(静岡県富士市)
11/29,30「記憶のアトリエ」 in トコテコ紙芝居小屋 (兵庫県宝塚市)

※「記憶のアトリエ」 in トコテコ紙芝居小屋は2020年も春夏秋冬1回ずつ開催予定です。