2019-02-04

『汀の虹』#掬することば

migiwanoniji

がんを経験した3年間の心の変化を、小さな詩と花とともにおさめた豆本詩集『汀の虹』。

がんになって5年目の節目に、 note「掬することば」 で、詩集に綴ったことばをもう一度掬い上げて、置きなおしています。もし良ければご覧ください。

migiwa

一.深淵
「汀の虹」
「たった一言で」
「夢」
「隔たり」
「虹色」
「沈む」
「深淵」
「数える」
「耳を澄ます」
「ガラス窓の向こう」

二.海霧
「海霧」
「探る」
「 滲む」
「 揺らぐ」
「手放す」
「 石を拾う」
「 そっと置く」
「 響き 」
巡る


三.汀の虹
「触れる」
「掌」
「涙」
「リズム」
「包み紙」
「忘れたくないこと」

枯れない花
「汀の虹」

※5年目に続いた文章
時間の花

momo2019-03

 

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
関連記事
Schedule

Event / Exhibition / WS
おとどけ「あのねカフェ」本づくりの講師*オンラインにて 10/25予定

////////////////
記憶のアトリエ
※安心して開催できる状況になるまで、アトリエの開催はお休みしています