西端春奈 – 笑陶展- DM・カタログ(2022)

来月、10月5日(水)から11日(火)まで、東京の日本橋三越本店6階の美術工芸サロンで兵庫県の丹波焼の里・立杭にある末晴窯の3代目、西端春奈さんの個展「笑陶展(さくとうてん)」が開催されます。

野山に咲く草花や生き物たちが微笑み、手にとり見つめるだけで思わず笑みがこぼれる春奈さんの器たち。
ひょんなことからmichi-siruveのお仕事として個展のたびに作品撮影やDM制作を担当させていただきはや6年ですが、日本橋三越本店での個展に際して作品撮影とDM&デジタルカタログのデザイン制作を担当させていただきました。

手にとってくださった方の心の中に花が咲いたら……という春奈さんの思いがこめられた「笑陶展」という名のとおり、四季折々の草花たちに、狸やふくら蛙、うさぎ、鹿の子、黒豹、鯛、金魚、海月…見つめるだけで笑みがこぼれる海や山のさまざまな生き物たちが微笑んでいました。夏真っ盛りの晴れた日に立杭にある春奈さんの窯まで伺い、半日かけて撮影。とにかく春奈さんの作品の魅力が一人でも多くの方に伝わるようにと1作品ずつ向き合いました。

「わー!可愛い!」
「ふふふ、うんうん、この角度」

創り手の春奈さんと撮り手のわたしで作品と写真を交互に見つめながら、にんまりクスクス微笑みながら。そんな丸半日の撮影の記憶とまなざしがそのままおさまった写真とカタログ。三越さんのWebサイトでデジタルカタログをご覧いただけますし、何よりぜひ展示会場で、実際の作品の繊細で特別な、でもあたたかくて懐こい微笑みたちを感じていただきたいです。

正直最初にご依頼いただいた時は、三越さんのギャラリー、しかも全作品の撮影とカタログ制作はさすがに私じゃ役不足ではと思ったのですが……春奈さんにも喜んでいただけてほっと一安心。いやほんとにこの夏一番のうれしいうれしい共同制作の記憶なので、前のめりにご案内でした。

個展の詳細とデジタルカタログのURLはコメント欄に記します。春奈さんの作品が好きすぎて、前のめりなご案内失礼しました。そして読んでくださったみなさんありがとうございました。たくさんの笑顔が生まれる展示になりますように。

西端春奈 ー笑陶展ー
2022年10月5日(水) ~ 2022年10月11日(火) ※最終日は午後5時終了
日本橋三越本店 本館6階 美術工芸サロン

目次
閉じる