2016-10-12

ZINE『sakura no machi』

zine-sakuranomachi02

『sakura no machi』(2016)

21年ぶりに訪れた故郷の景色を撮影し、過去の記憶を透かし重ねたZINE。

□ 変わってしまった故郷の景色
□ 過去の記憶が重なる感覚
□ 透ける紙での写真表現

data
140mm×93mm
トレーシングペーパー
和綴じ(四ツ目綴じ)
オールカラー60ページ
2016年10月11日発行
写真・文・編集 藤田理代 (michi-siruve)

(ZINEあとがきより)

この本に綴じた写真は、21年ぶりに故郷を訪れたとある春の日の記憶です。雨でけぶる桜満開の故郷で、時折視界の先現れては消えていく、傘をさす人影に過去へと導かれるようにおさめていった写真たち。

失われたものも形を残すものも、記憶を重ねながら、自分のまなざしで写真におさめて一つに綴じる。いつでも手にとり触れることのできる、故郷の記憶です。

zine-sakuranomachi06

zine-sakuranomachi03

zine-sakuranomachi04

zine-sakuranomachi

photo-hanakoganei162

 

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
Schedule

Event / Exhibition / WS
*医療者向け研修会  ゲストスピーカー (兵庫県西宮市) *closed
*「“まなざし”と“声”を綴じる」ZINEワークショップ 大学の看護学科(兵庫県神戸市)*closed
*「“大切なもの”を手製本に綴じる」ZINEワークショップ-関西学院大学 人間福祉学部 (兵庫県西宮市)*closed
10/13 「みんなのたからづかマチ文庫」2019年度キックオフ ゲスト-宝塚市立中央図書館 (兵庫県宝塚市)
////////////////
記憶のアトリエ
8/30,31 「記憶のアトリエ」 in トコテコ紙芝居小屋 (兵庫県宝塚市)
10/19「記憶のアトリエ」(大阪府大阪市)
11/9「記憶のアトリエ」in 幸ハウス(静岡県富士市)
「記憶のアトリエ」 in トコテコ紙芝居小屋 (兵庫県宝塚市)は秋、冬も1回ずつ開催予定です

関連記事