Contact

“大切な記憶”をおさめる手製本(2020)

がん経験者としての取材や調査の協力

AYA世代に罹患した希少がん(絨毛がん)の経験者として、論文やメディアの取材協力、執筆、プロジェクトへの参加、医療や福祉を専攻する学生さんや医療者向け経験者での体験談スピーカー、病院のがんサロンでの活動などを続けています。

※AYA世代のがん、女性特有のがん、流産をともなうがん、子どものいないがん経験者の夫婦などを対象にしたアンケートや論文のためのインタビューなども積極的に協力しています。妊よう性や家族(パートナー)との関係、流産経験者の心のいたみなど一般的に語りづらいことも、経験をひらくことで何かお役に立てるならという気持ちです。お気軽にお声がけください。

「記憶のアトリエ」についてのお問い合わせ

主にがんを経験された方やご家族、ご友人、医療者の方々が集う場所(病院やその他の施設など)、本を大切にしている場所(書店や図書館など)で開催しています。詳しくは「記憶のアトリエ」ご依頼についてをご覧ください。

*公共施設や商業施設、幼稚園や福祉施設、大学などでもさまざまなZINEワークショップを開催しています。

「掌の記憶」についてのお問い合わせ

依頼主の暮らす町へ赴き“大切な記憶”を豆本におさめて贈る「掌(てのひら)の記憶」プロジェクトも2015年から続けています。

わたし一人で取材に伺うというスタイルのため、現在は一度は対面でお会いしたことがある方、もしくは共通の知人友人がいる方からのご依頼に限らせていただいています。年に何度か、各地で「記憶のアトリエ」という本づくりの移動アトリエをひらいています。ご相談などあれば、まずアトリエでお会いするところからはじめられたらと思います。

*詳しくは「掌の記憶」ご依頼についてをご覧ください。

オーダーメイドでの手製本について

体調の問題から、オーダーメイドでの制作は現在承っていません。「記憶のアトリエ」のオープン時にご相談を伺い一緒に考えたり、手製本の方法をお伝えしたり、アトリエにある道具や素材を使ってご自身で綴じるお手伝いをしています。

※ michi-siruveの活動や詳しいプロフィールはmichi-siruveについてをご覧ください。お問い合わせやご依頼などございましたら、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

※こちらのメールの不具合で、メッセージが届きにくいことがあります。もし3日経っても返事がない場合はSNS宛にご連絡ください。お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

>>privacy policy

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文