2016-06-06

『掌の記憶』 – 池田 –

zine-ikeda05

『掌の記憶』 – 池田 –

築82年の歴史の跡と
世界の文化と旬が集う
シェアハウスにアトリエを構える
グラフィックデザイナー大崎淳治の
感性と創造の欠片を綴じた

掌の記憶
-tenohira no kioku-

data
60mm×60mm/蛇腹製本 2冊組(「掌」-tenohira- /「記憶」-kioku-)
オールカラー
2016年5月30日発行
写真・編集 藤田理代 (michi-siruve)
*Special Thanks 大崎事務所、ANTEROOM APARTMENT OSAKA

>>写真帖はこちら>>旅の記憶(池田)はこちら

photo-ikeda12

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
Schedule

Event / Exhibition / WS

9/28「小児・AYA世代のがんの長期フォローアップに関する研修会」ゲストスピーカー(兵庫県西宮市) *closed
10/13 「みんなのたからづかマチ文庫」2019年度キックオフ ゲスト-宝塚市立中央図書館 (兵庫県宝塚市)
*「“大切なもの”を手製本に綴じる」ZINEワークショップ-関西学院大学 人間福祉学部 (兵庫県西宮市)*closed

////////////////
記憶のアトリエ
10/19「記憶のアトリエ」inリレー・フォー・ライフ・ジャパン大阪あさひ(大阪府大阪市)
11/9「記憶のアトリエ」in 幸ハウス(静岡県富士市)
11/29,30「記憶のアトリエ」 in トコテコ紙芝居小屋 (兵庫県宝塚市)

関連記事