2018-06-29

ZINE『shiro』

『shiro』(2018)

白いじゃばら豆本。表紙も本文も白い紙を使い、帯と栞付き。誰でも自由に物語が描き綴ることができます。

□ 白い豆本に描き綴る
□ 1ページずつめくってたのしむ
□ じゃばらを広げて飾ってたのしむ

data
81mm×61mm(本文:77mm×57mm)
特殊紙・画用紙
蛇腹製本
22ページ
2018年6月28日発行
綴じ 藤田理代 (michi-siruve)

『shiro』(2018)

白いじゃばら豆本『shiro』。表紙も本文も、帯も栞も白い紙をつかっています。小さなお子さまでも自由に物語が綴れるよう、紙の種類やサイズも工夫しました。

本のように1ページずつめくることも、アコーディオンのように広げてたのしむこともできます。じゃばらを横に広げると自立するので、棚の上に飾ることもできます。縦長に垂らして壁に飾っても可愛いです。

秋に開催する豆本ワークショップでお披露目予定です。本の余白に自由に綴るたのしさをお贈りできたらなと思います。

※『shiro』は「michi-siruve charity gallery」にてネット販売も行っています。売り上げは、病院や施設でひらいている小さな移動型アトリエ「記憶のアトリエ」の運営費に充てています。
※使用例『noteのノート

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
Schedule

Exhibition / Event  / WS
12.8 「とよなか産業フェア」@豊中市立文化芸術センター(大阪府豊中市)

記憶のアトリエ
5.27 「記憶のアトリエ」in 幸ハウス(静岡県富士市)
8.12 「記憶のアトリエ」in 音川 (富山県富山市)
11.3 「記憶のアトリエ」in 幸ハウス(静岡県富士市)
12.15 「記憶のアトリエ」in トコテコ紙芝居小屋 (兵庫県宝塚市)

関連記事