2018-07-05

花の小箱

4カ月ほど前「花の終わり」という文章で綴っていた花の小箱たちが6月25日の地震で傷んでしまったので、先日作り直しました。レトロ印刷JAMさんの紙マーケットで仕入れていたトンボ付の端紙もやはり地震で落下して傷んでしまったので、その紙を利用して制作。2種類の端紙を組み合わせて小箱と収納棚にしました。

制作後に余ったのは、細い断裁片とちょっとした端っこだけ。ZINEも小箱も、大抵のものは紙のサイズをそのまま生かせば無駄なく美しいかたちにおさまるのが気持ち良いです。いただいた花束のお花を中心に、43箱。これからも大切におさめていきたいと思います。

 

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
タグ:
関連記事
Schedule

Event / Exhibition / WS
11/26「“大切なもの”を見つめるZINEワークショップ」-関西学院大学 人間福祉学部 (兵庫県西宮市)*closed
12/22  「20年の“大切”を綴じる」ZINEワークショップ -ピピアめふ(兵庫県宝塚市)

////////////////
記憶のアトリエ
11/9「記憶のアトリエ」in 幸ハウス(静岡県富士市)
「記憶のアトリエ」in 街の保健室(埼玉県蕨市) *2020年春予定
「記憶のアトリエ」 in トコテコ紙芝居小屋 (兵庫県宝塚市) *2020年春から季節ごとに開催予定
「記憶のアトリエ」 in 音川 (富山県富山市) *2020年夏予定