2016-04-01

ZINE『いたずらねこ』

itazura-zine1

『いたずらねこ』 (2016)

実家の母から気まぐれに届く、白ねこジルくんのいたずら写真。小さなぴんぼけ写真にジルくんの心の台詞を添えて、michi-siruveが本にしました。

data
90mm×128mm/合紙製本
オールカラー
2016年3月31日発行
写真   ははうえ
文・編集 藤田理代 (michi-siruve)

>>zineをみる

 

『いたずらねこ』 

どうも
いたずらねこです

ちいさいころから
いたずらだいすき

ふくろあそびが
おきにいりで

おおきくなっても
やめられない

うごくものには
めがなくて

くもだって
へっちゃら

せまいすきまは
つっかえますが

がんばれば
このくらいなら

みんなのどうぐは
ぼくのもの

絵だって
きょうみありますよ

やんちゃしすぎて
おこられますが

それでもやっぱり
やめられない

ほんとは
ひとりがさみしくて

かまってほしい
だけなのです

ちょっとなでなで
してくれたら

それだけで
だいまんぞく

いたずらがえしも
されますが

かぞくさーびす
ってやつです

いくつになっても
かわりませんが

これからも
どうぞよろしく

itazura-zine2

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
タグ: ,
関連記事
Schedule

Event / Exhibition / WS
11/26「“大切なもの”を見つめるZINEワークショップ」-関西学院大学 人間福祉学部 (兵庫県西宮市)*closed
12/22  「20年の“大切”を綴じる」ZINEワークショップ -ピピアめふ(兵庫県宝塚市)

////////////////
記憶のアトリエ
11/9「記憶のアトリエ」in 幸ハウス(静岡県富士市)
「記憶のアトリエ」in 街の保健室(埼玉県蕨市) *2020年春予定
「記憶のアトリエ」 in トコテコ紙芝居小屋 (兵庫県宝塚市) *2020年春から季節ごとに開催予定
「記憶のアトリエ」 in 音川 (富山県富山市) *2020年夏予定