ZINE『ticket』(2020)

ticketを使ったZINE『2020年1月、カンボジアで』

『ticket』(2020)

「旅の記憶って凸凹で、散らばっちゃうよね」

航空券、入場チケット、スナップ写真、現地紙幣やコイン…旅先で出会ったあんなものこんなものを、丸ごと一つにおさめて本棚に仕舞っておけるように、手製本と小箱のセットにしました。あなたのとっておきの旅を本棚に。

memo
□ トラベラーズノートくらいの手製本
□ 旅のチケットがおさまるポケット
□ 凸凹な記憶の欠片がおさまる小箱

data
《手製本》
210mm×110mm
Interlockingtabalbum 22P
《box》
220mm×120mm ×25mm(外寸) 
2020年2月6日発行
綴じ 藤田理代 (michi-siruve)

くろ / クリーム
※手製本の色は1点ずつ異なります

2020年6月27日(土)~7月19日(日)まで、豊中のblackbird booksさんに小さな手製本を並べます。

4冊目は、“旅の記憶”をおさめる手製本。

旅に出ると、忘れたくない記憶の欠片で鞄がいっぱいになります。旅に出るためのチケットや旅先で拾った石ころ、現地のお金のあまりやちょっとしたレシート、包み紙……全部ひとつにおさめたいけれど、凸凹な記憶の欠片はトラベラーズノートには綴じれない。

凸凹な記憶の欠片も含めて旅ごとにすっぽりおさまるように、小箱とトラベラーズノートサイズの手製本、航空券がすっぽりおさまるポケットのついたボックスを1セットにしました。本棚にもさっと仕舞えるサイズです。

自分が使いたくてつくった手製本ですが、6月の個展でも少しだけ展示販売します。箱と手製本の紙の種類や色を変えて、いくつか並べる予定です。

目次
閉じる