【Report】「わたしの“いたみ”の記憶」ゲストスピーカー

研修会資料スライド1

2022年9月17日(土)、がん医療に従事されている医療者のみなさんが集う研修会にて、希少がん経験者として体験談をお話する機会をいただきました。

お声がけいただくたびに、今切実な体験のさなかにある患者さんや「伝えたい」という強い想いをもって活動されている経験者の方もたくさんいらっしゃるなかで「わたしでいいんだろうか?」といつも思うのですが……ご依頼いただいたからにはその背景や当日聴いてくださる方のことを可能な限りお伺いして、自分の「これまで」の話を、聴いてくださるかたの「これから」に生きるものとして届けるにはどうしたらよいのか悩みながら考えています。

今回はご依頼の内容から考えて「いえないいたみ」ということばのもと、言えない(癒えない)「痛み」「傷み」「悼み」の記憶という視点から流産からのがんの経験を振り返ってお伝えしました。

がんがもたらした“いたみ”のこと。体以外の“いたみ”の理由となった「コントラスト」のこと。「正しい説明」で飲み込んでしまった“いたみ”のこと。そんな「言えない患者」となったわたしの“いたみ”を感じとり、触れてくださった看護師さんのこと。治療後あとからやってきた“いたみ”と、それを受け止めてくれた人や場所のこと。

体験したことしかお話できませんが、それが今つらさのさなかにある誰かの“いたみ”を和らげる、思いやりを育む種のひとつになれたら…そんなことを願いながら託したことばでしたが、真摯に聴いてくださったみなさんの表情や問いかけ、終了後に声をかけてくださったみなさんのお話に、わたしも考える種をたくさんいただきました。

今回お声がけくださったみなさん、お聴きくださったみなさん、本当にありがとうございました。これからもともに考える一人として、一つひとつのご依頼に精一杯向き合いながらできることを重ねていきます。

目次
閉じる