ホスピタルアートinギャラリーIV(作品展示・トークセッション)

2022年11月1日(火)~11月13日(日)まで、大阪の江之子島文化芸術創造センター(enoco)で開催される企画展「ホスピタルアートinギャラリーIV」に、作品展示とトークセッションという形で参加させていただくことになりました。

ホスピタルアートディレクターの川西真寿美さんの企画により「医療へのアートの可能性」をテーマに2018年からさまざまなアーティストのみなさんと企画展の開催、医療・福祉の場での協働を重ねていらっしゃる本企画。

“記憶”ということばのもとに病院や地域で自分や他者と“綴じ交わす”ことを続けているmichi-siruveの活動にも共感してくださり、今回の企画展にお声がけいただきました。

内容はまだ調整途中ですが……過去の作品群から今回のテーマに沿った一部の作品と、その作品から生まれた“いま”を添えたもの。移動アトリエ「記憶のアトリエ」にまつわる展示。その制作活動の奥にある「(場や作品をつくる)そのまえに」大切にしてきたことについても、あらためて一緒に考えるようなトークセッションの機会をいただく予定になっています。

チラシにも記載がありますが、トークセッションではこの春『M-Educational CAFÉ』でご一緒させていただいた、緩和ケア医の儀賀理暁さんとおはなしさせていただけることになりました。

儀賀さんとご一緒できることになった理由は作品展示にもかかわるので、また別の投稿でお伝えできたらと思うのですが……『M-Educational CAFÉ』のあとにもこの夏2つの場所で、自分や他者と“綴じ交わす”時間をご一緒できた儀賀さんにぜひお願いしたいな…と願って実現した特別な機会なので、お友だちのみなさんにお知らせでした。

これまでmichi-siruveの“記憶”にまつわる制作に関わってくださったみなさまにもご相談したいことがあり、またお一人おひとりご相談させていただきます。

医療やアートという大きなことばで語ることはできませんが、みなさんと一緒に綴り育んできた“記憶”が抱くものをあらためて一緒に感じ、これからを奏でる機会にできたらいいなと願っています。

感染症の今後の状況にもよりますが、もしよければこの秋はenocoへぜひ。

ホスピタルアートinギャラリーIV
日時
2022年11月1日(火)〜13日(日)11:00〜19:30
(11/6 月曜休館 最終日16:00迄)
会場
大阪府立文化芸術創造センターenoco
大阪市西区江之子島2ー1ー34 *大阪市芸術活動振興助成事業
参加アーティスト
五影華子 いまふくふみよ 葛本康彰 古巻和芳 鷲津民子 michi-siruve 山本修司 川西純市
ヒガシテッペイ(RBTXCO)  冬耳 jobin. e.shi.to   Wools 北東紗輝 mi-sha いしいまゆみ 古屋ともよ

会場トークセッション
「医療者がアートに求めるものと可能性」
11/12(土)15:00〜16:30 無料 定員20名 予約優先
岡崎 伸  大阪市立総合医療センター小児神経内科 小児言語科部長/スペシャルキッズひろば代表
川西真寿実 ホスピタルアート ディレクター HITO- IROプロジェク代表

「ホスピタルアートを考えるその前に」
11/13(日)13:00〜14:30 無料 定員20名 予約優先
藤田 理代 希少がん経験者/ ZINE作家 (michi-siruve)
儀賀 理暁 埼玉医科大学総合医療センター緩和医療課・呼吸器外科教授

※トークセッションのお申し込みは10/1~だそうです。

目次
閉じる