2018-07-26

michi-siruve Charity Gallery

最近、遠方の方からマスキングテープや手製本購入のご相談をいただくようになったため、Web shop「michi-siruve Charity Gallery」をオープンしました。

minneの手数料や送料が加わるので少し割高になってしまいますが、「ココロイシマスキングテープ」や「余白をたのしむ小さな手製本」シリーズなど、色柄別にご購入できるようになっています。

基本は手渡しの関係を大切にしたいので、これからも展示やイベントを中心に。でもそんな日は年に数えるほどしかないので、Webで触れていただける場も大切に。よろしくお願いいたします。

「michi-siruve Charity Gallery」

ZINE作家michi-siruveのチャリティーギャラリーです。

若年性がんの経験から、本づくりを通して人の想いや記憶を交わすきっかけづくりを続けているmichi-siruve。

チャリティーギャラリーでは「余白をたのしむ小さな手製本」シリーズを中心に販売。 売り上げは、病院などでひらく小さな移動式アトリエ「記憶のアトリエ」の運営費に充てています。

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
関連記事
Schedule

Event / Exhibition / WS
11/26「“大切なもの”を見つめるZINEワークショップ」-関西学院大学 人間福祉学部 (兵庫県西宮市)*closed
12/22  「20年の“大切”を綴じる」ZINEワークショップ -ピピアめふ(兵庫県宝塚市)

////////////////
記憶のアトリエ
11/9「記憶のアトリエ」in 幸ハウス(静岡県富士市)
「記憶のアトリエ」in 街の保健室(埼玉県蕨市) *2020年春予定
「記憶のアトリエ」 in トコテコ紙芝居小屋 (兵庫県宝塚市) *2020年春から季節ごとに開催予定
「記憶のアトリエ」 in 音川 (富山県富山市) *2020年夏予定