2017-09-12

「大切な〇〇を綴じる」ZINE WS

1129zine10

青空事務所のなおみさんと2015年から続けているZINEワークショップ。今年は「大切な〇〇」を綴じるというテーマで、和紙を使った和綴じZINEをつくるワークショップをおこないます。詳しくは、主催のなおみさんからいただいたお知らせ文をご覧ください。


あなたの宝物になる一冊をつくろう。
~「私の大切な〇〇を綴じる」 和綴じZINEのワークショップ~2017年秋

あなたにとって大切なものは何ですか?

大切な「場所」や「家族」、「人」、「もの」、「色」・・・ 〇〇はなんでも〇。あなたが、自分で作ったZINEを見た時に「元気が沸いてくるようなもの」を作ってもらえるといいなと思っています。私(なおみ)は私が大好きな「ふるさと」のZINEを2年前に作りましたが、辛くなったときに何度も読み返し、故郷の空気を感じ元気をもらっていました。あなたの大切なものや、わくっとするもの、かけがえのないものをZINEに綴じ、綴じた〇〇とともに自作のZINEも宝物にしてもらえると嬉しいです。

ZINE作家michi-siruveさんを講師としてお迎えして開催するワークショップも3回目!
穏やかな空間の中で一緒に考えて、つくり、終わった後にはお互いの作品を手に取って・・誰かと分かち合うひと時をおたのしみください。

2015年のワークショップの様子①
2015年のワークショップの様子②
2016年のワークショップの様子

1129zine1

イベント概要

■日 時 2017年11月11日(土) 9:30~13:30
■場 所 青空ハウス(阪急池田駅からバスで6分または徒歩15分ほど)
※詳しい場所は申込者にお伝えします
■講 師 michi-siruve(ZINE作家)
■参加費 3,500円
※要予約(先着10名)
■持ち物
・写真20枚程度
※あなたが綴じたい大切な○○の写真
※デジカメの画像はL判サイズにプリントしてお持ちだくさい。
・筆記用具
・(お昼ご飯 途中お腹が空いたらご自由にどうぞ)

■主 催 青空事務所

申込み方法
青空事務所HPからお申込みください。質問などがあれば青空事務所(info@officeaozora.sakura.ne.jp)まで『氏名(ふりがな)、電話番号』と質問を一緒にお送りください。(電話の方は050-3574-4135まで)

1129zine6

ZINEづくりの流れ

今回もハガキサイズの和綴じZINEをつくります。ZINE『otomo.』と同じ形です。

①自己紹介・ZINEの紹介
②ZINEの設計図を書く(写真を選び、ページ構成を決めます)
③原稿をつくる(写真を貼り、ことばを添えます)
④印刷する(和紙に印刷します)
~お昼休憩~
⑤綴じる(印刷された和紙を断裁して、束ねて和綴じにします)
⑥みんなで読む (完成したZINEをみんなで読みながら、振り返ってみましょう)

講師・主催者プロフィール&メッセージ

講  師 michi-siruve (ZINE作家)
主催者 なおみ(青空事務所)

>>なおみとmichi-siruveからのメッセージ

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
michi-siruve (みちしるべ)

ZINE作家。“記憶”を小さな本に綴じています。「掌の記憶」豆本詩集『汀の虹』など。>>詳しくはこちら

Exhibition

2017  ZINE DAY OSAKA(10/28,29)、zine it! vol.8 (11/23)
2018 『汀の虹』展示 @blackbird books (1/16-28)
※ZINEワークショップ講師 @青空ハウス(11/11)

関連記事