2015-09-01

【Report】『母のまなざし』をつくろう ZINEワークショップ

 

0828zinews3

2015年8月28日(金) 夏休み最後の金曜日に、青空事務所さん主催「あなたの一冊『母のまなざし』をつくろう。~ “まなざし”を綴じる、和綴じZINEのワークショップ~を行いました。

今回は「家族のまなざしを綴じる」というテーマでお声がけしたこともあり、みなさん大切な記憶がつまった写真を持ち寄りお集まりくださいました。

0828zinews5

お子さまも一緒に参加してくださり、お母さまがご自身の写真を綴じる様子をじっと眺めていたり。一緒に表紙づくりを手伝ってくれていたり。親子3代が1つの本に重なる姿に、思わずじんとしてしまいました。

0828zinews6

0828zinews7

思い出の写真たちと向き合い、そしてそれを1冊にまとめて贈る。ZINEづくりというのは、真剣に向き合うほどに中々時間の必要な作業です。

最近では、専門の業者さんへ依頼することで手軽に本ができるというサービスもたくさんありますが……それでもあえて「自分で」するという過程には、とても貴重な体験が詰まっているように感じます。

0828zinews1

持ってきてくださった写真1枚1枚は、レンズを向ける家族と、そしてその先にいる家族の気持ちがぎゅっと詰まったものばかり。みなさんご自身の写真でなくても「どこか見たことがあるような」と、笑顔で眺めていらっしゃるのが印象的でした。

わたし自身も、ZINEをつくる時は素材とじっくり向き合い、記憶を辿りながら本の仕様をイメージします。実際に構成を考えて、ことばを添えて…ものすごく長い時間をかけて、本と自分自身と向き合っています。そうして生まれたZINEはわたしの手を離れ、贈った相手からさらにその周りの方へとどんどん広がり……手にとってくださった方との新しい出会いになったり、ZINEづくりをはじめるきっかけになったり。たった一人に贈るためにつくったZINEが、どんどん育って大きなものになっているように感じることもあります。

今回は、場所の関係で2時間30分という制約。その中にすべての体験を詰め込むのはちょっと時間が足りず、慌ただしくなってしまいました。タイムオーバーしてしまったあとも、部屋を出てみなさんのZINEを見せ合ってお話されている姿が、とても嬉しかったです。みなさんの体験や完成したZINEから、何かが生まれて育ってくれたらいいなぁ。そんな風に思います。

0828zinews2

最後に、今回のワークショップで生まれたZINEたちをご紹介します。

0828zinews11

0828zinews10

0828zinews9

0828zinews8

0828zinews13

0828zinews12

参加してくださったみなさん、そして主催の青空事務所のなおみさん、本当にありがとうございました。夏休みのZINEワークショップはこれにてひと段落。秋からはよりじっくりと、ZINEづくりやZINEと向き合うことのできる集まりを企画できたらなぁと考えています。これからもよろしくお願いいたします。

他にもさまざまな ZINEワークショップをひらいています

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
関連記事
Schedule

Event / Exhibition / WS
11/26「“大切なもの”を見つめるZINEワークショップ」-関西学院大学 人間福祉学部 (兵庫県西宮市)*closed
12/22  「20年の“大切”を綴じる」ZINEワークショップ -ピピアめふ(兵庫県宝塚市)

////////////////
記憶のアトリエ
「記憶のアトリエ」in 幸ハウス(静岡県富士市)*2020年春秋予定
「記憶のアトリエ」in 街の保健室(埼玉県蕨市) *2020年春予定
「記憶のアトリエ」 in トコテコ紙芝居小屋 (兵庫県宝塚市) *2020年春から季節ごとに開催予定
「記憶のアトリエ」 in 音川 (富山県富山市) *2020年夏予定