2016-11-01

洋裁家のレトロボタン

50年ほど前、祖母がボタン屋さんから譲り受けたレトロボタン。
祖母の遺品としてZINE『otomo.03』に綴じてのこしていたものですが、色や形も凝っていて、色違いや大きさ違い、経年の退色も味わいがあります。古き良き時代のものが、新しく使ってくださるの手に届くといいなという想いから、時々ZINEと一緒に展示販売しています。色やデザイン、サイズ違いで400種類ほどをトランクにいっぱい詰め込んで…お気に入りのニットやシャツのボタンを変えたり、ピアスやイヤリングにしたり、大切にしてくださる人の手で蘇りますように。

※山ほどありますが、ほんの少しだけ写真を。

button03

button01

button02

button04

button05

button07

button06

 

 

 

 

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
関連記事
Schedule

Event / Exhibition / WS
11/26「“大切なもの”を見つめるZINEワークショップ」-関西学院大学 人間福祉学部 (兵庫県西宮市)*closed
12/22  「20年の“大切”を綴じる」ZINEワークショップ -ピピアめふ(兵庫県宝塚市)

////////////////
記憶のアトリエ
11/9「記憶のアトリエ」in 幸ハウス(静岡県富士市)
「記憶のアトリエ」in 街の保健室(埼玉県蕨市) *2020年春予定
「記憶のアトリエ」 in トコテコ紙芝居小屋 (兵庫県宝塚市) *2020年春から季節ごとに開催予定
「記憶のアトリエ」 in 音川 (富山県富山市) *2020年夏予定