『汀の虹』『ココロイシ』- music –

豆本詩集『汀の虹』から生まれた2つの抒情歌。

「みちしるべ」

『抒情歌』

うた【歌】:感情の起伏を伴いながら、口を衝いて出てくる、リズムやメロディーを持つ言葉。(新明解国語辞典:第八版)

理代さんの深いところから「いえない(言えない・癒えない)いたみ」が、言葉になってこぼれてくる。その言葉に揺られた「なにか」が、僕の中から歌になってあふれ出てゆく。

ああ、そうか、そういう事なんだ・・・。


2022年 秋
  儀賀 理暁

『汀の虹』
―「汀の虹」 豆本詩集『汀の虹』―

詩  藤田理代(編 儀賀理暁)
作曲 儀賀理暁
抒情歌/2022年9月1日

歌詞

目の前に広がる
青い海の

静かに届く
果ての波

透き通った
その揺らめきに

時折浮かぶ
虹色の煌めき

寄せてはかえす
波音とともに

屈して 
折れて
生まれる光

どんなにかなしい
揺らめきも

いつか虹色に変わる
と願いながら



雨上がりの虹は
いつも遠くて 欠けていて

すぐに消えて 
なくなって

大抵のことは いつまでも
境界を漂ったまま

いつかの海で
見つめた汀

寄せてはかえす
波音とともに

屈して 折れて
微かに浮かんだ
虹の色


どんな揺らぎも
陽をあてて

汀の虹に変えてゆこう
変えてゆこう
煌めく虹に

「汀の虹」詩の写真
「汀の虹」(『汀の虹』一.深淵)
「汀の虹」詩の写真
「汀の虹」(『汀の虹』三.汀の虹)

『ココロイシ』
―「石を拾う」 豆本詩集『汀の虹』―

詩  藤田理代(編  儀賀理暁)
作曲 儀賀理暁(編曲 儀賀柚奈)
抒情歌2022年8月7日

歌詞

どうしようもなくふさぎこむと
海辺まで石を拾いに出かける

掬い上げるといろんなこと
そっと語りかけてくる

これはきっといつかの心
あれはきっとあの人の心

自分だけの色とかたちを見いだしながら
いつまでもかたちを かえながら


波打ち際に沈む石は
削られ 砕かれ転がりながら

痛々しいほど傷だらけ
それも過ぎればまんまるに

これはきっといつかの空
あれはきっとあの人の花

自分だけのココロイシを探していたら
いつの間に私が 探されてた

「石を拾う」詩の写真
「石を拾う」(『汀の虹』二.海霧)
目次