2015-09-01

『母のまなざし』をつくろう

 

20150828ZINEWS

8月28日(金) 夏休み最後の金曜日に、青空事務所さん主催「あなたの一冊『母のまなざし』をつくろう。~ “まなざし”を綴じる、和綴じZINEのワークショップ~を行いました。

0828zinews3

今回は「家族のまなざしを綴じる」というテーマでお声がけしたこともあり、皆さん大切な写真を持ち寄りお集まりくださいました。

0828zinews5

お子さまも一緒に参加してくださり、お母さまがご自身の写真を綴じる様子を、じっと眺めていたり、一緒に表紙づくりを手伝ってくれていたり。親子3三代が1つの本に重なる姿に、思わずじんとしてしまいました。

0828zinews6

0828zinews7

思い出の写真たちと向き合い、そしてそれを1冊にまとめて贈る。ZINEづくりというのは、真剣に向き合うほどに中々時間の必要な作業です。最近では専門の業者さんへ依頼することで手軽に本ができるというサービスもたくさん目にしますが、それでもあえて「自分で」することで得ることが気づきや変化は、誰かに任せることでは得ることのできないとても貴重な体験が詰まっています。

0828zinews1

持ってきてくださった写真1枚1枚は、レンズを向ける家族と、そしてその先にいる家族の気持ちがぎゅっと詰まったものばかり。皆さんご自身の写真でなくてもどこか見たことがあるようなと、笑顔で眺めていらっしゃるのが印象的でした。

私自身もZINEをつくる時は、素材とじっくり向き合い、記憶を辿りながら本の仕様をイメージし、実際に構成を考えてことばを添えて…とものすごく長い時間本、そして自分自身と向き合っています。そうして生まれたZINEは私の手を離れ、贈った相手からさらにその周りの方へとどんどん広がり、手にとって下さった方との新しい出会いになったり、ZINEづくりをはじめるきっかけになったり。たった一人に贈るためにつくったZINEが、どんどん育って大きなものになっている感覚があります。

今回は2時間30分という制約中にそのすべての体験を詰め込むのはちょっと時間が足りずに慌ただしくさせてしまいましたが、タイムオーバーしてしまったあとも、部屋を出て皆さんのZINEを見せ合ってお話されている参加者の皆さんの姿が、とても嬉しかったです。皆さんの体験や完成したZINEから、何かが生まれて育ってくれたらいいなぁ。

0828zinews2

最後に、今回のワークショップで生まれたZINEたちをご紹介します。

0828zinews11

0828zinews10

0828zinews9

0828zinews8

0828zinews13

0828zinews12

参加してくださった皆さん、そして主催の青空事務所のなおみさん、本当にありがとうございました。夏休みのZINEワークショップはこれにてひと段落。秋からはよりじっくりとZINEづくりやZINEと向き合うことのできる集まりを企画できたらなぁと考えています。これからもよろしくお願いいたします。

ZINEの出張ワークショップも随時承っております。ご興味のある方はContactページからお気軽にお問い合わせくださいませ。

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
michi-siruve (みちしるべ)

ZINE作家。“記憶”を小さな本に綴じています。「掌の記憶」豆本詩集『汀の虹』など。>>詳しくはこちら

Exhibition

2017  zine it! vol.8 (11/23) 三条富小路書店(12/5-17)
2018 『汀の虹』展示 @blackbird books (1/16-28)

関連記事