2019-02-25

小児・AYA世代のがんの長期フォローアップに関する研修会(2019.02)

2019年2月24日(日)、一般社団法人 日本小児血液・がん学会開催の「小児・AYA世代のがんの長期フォローアップに関する研修会」にて、AYA世代のがん経験者として体験談をお話する機会をいただきました。

今回お声がけいただいて初めて知ったLCAS(Longtime Care and Support for Child,Adolescent and Young Adult Cancer Survivors)ということば。

わたしは罹患年齢が小児よりはかなり上で、お役に立てるだろうかと不安もあったのですが。寛解から5年、フォローを外れて2年を迎えるがん経験者として、治療中、フォロー中、フォローを外れてからの心の変化を軸に、抱えてしまっていたことや、周囲との関係の中で揺れ動く気持ちなどを少し発表させていただきました。

相変わらず、プレゼン上手とは程遠く。でも参加者のみなさんも、運営スタッフのみなさんも本当にあたたかいまなざしで頷きながら聴いてくださり、何度も目が合いながらおはなしできたことがとても印象に残っています。

前後の講義やグループワークも「もし良かったら」と聴講のお声がけをいただき、参加させていただきました。後ろの方に居ると「もっと近くで聴いてくださっていいですよ」とお声がけくださる方もお一人ではなく、みなさん本当にあたたくて。治療後の若いサバイバーの「そのあと」にも伴走する想いを持った方々が集われている会なんだなと、肌で感じた一日でした。

今日のようにあたたかく、そして熱心に考えてくださる医療者のみなさんが居てくださることは、患者としてとても心強く感じました。器用な方ではないので中々お役に立てることも少ないかもしれませんが、これからもお声がけいただけたことには参加していきたいです。

貴重な機会をいただきありがとうございました。スライドから少しだけ、発表内容置いておきます。

※2019年9月の研修会では、もう少し踏み込んだ体験談をおはなしさせていただきました。

小児・AYA世代のがんの長期フォローアップに関する研修会

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
関連記事
Schedule

Event / Exhibition / WS
11/26「“大切なもの”を見つめるZINEワークショップ」-関西学院大学 人間福祉学部 (兵庫県西宮市)*closed
12/22  「20年の“大切”を綴じる」ZINEワークショップ -ピピアめふ(兵庫県宝塚市)

////////////////
記憶のアトリエ
11/9「記憶のアトリエ」in 幸ハウス(静岡県富士市)
「記憶のアトリエ」in 街の保健室(埼玉県蕨市) *2020年春予定
「記憶のアトリエ」 in トコテコ紙芝居小屋 (兵庫県宝塚市) *2020年春から季節ごとに開催予定
「記憶のアトリエ」 in 音川 (富山県富山市) *2020年夏予定